メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

問われる都知事の資質

2020年東京五輪のエンブレムが掲示された東京都庁=2016年5月20日、小出洋平撮影

 政治資金支出などの公私混同問題を受け、東京都の舛添要一知事が辞職願を提出した。続投を懇願したものの、都議会や世論の反発を招き、自ら身を引かざるを得なくなった。事態がここまで混乱したのはなぜか。「首都の顔」に求められる資質とは。一連の問題で浮かび上がった課題は何か。識者3人に聞いた。

政治資金改革の契機に 上脇博之・神戸学院大教授

 舛添氏は当初から政治資金の公私混同などに関する問題を軽視していた。「問題の大半は参院議員時代のもので他の議員も同様のことをしている」「高額の海外視察も、これまでの知事にもあった」などと思ったのかもしれない。

 しかし、正月の家族旅行で「会議」をしていたとは思えず、家族の宿泊費を政治資金で支払ったのだと誰もが…

この記事は有料記事です。

残り4206文字(全文4525文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです