メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナマ文書

機密情報漏えいで捜査 事務所技術者を逮捕

 【ローマ福島良典】スイス検察の報道官は15日、「パナマ文書」の漏えい元となったパナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」の告訴を受け、機密情報の漏えい事件として捜査を始めたことを認めた。ただ、詳細は明らかにしなかった。スイス紙ルタン(電子版)は同日、モサック・フォンセカのジュネーブ支所のIT技術者がスイス検察に逮捕され、身柄を拘束されていると報じた。

 弁護士によると、技術者は容疑を否認している。技術者がパナマ文書の漏えいにどのように関与していたかが捜査の焦点だ。

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見過ごせない菅首相の乱暴な言説 普天間移設の歴史に二つの「反故」

  2. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  3. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  4. 洋館はレーモンド設計? モンテローザ経営の会社「情報求む」 横浜・山手

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです