パナマ文書

機密情報漏えいで捜査 事務所技術者を逮捕

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ローマ福島良典】スイス検察の報道官は15日、「パナマ文書」の漏えい元となったパナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」の告訴を受け、機密情報の漏えい事件として捜査を始めたことを認めた。ただ、詳細は明らかにしなかった。スイス紙ルタン(電子版)は同日、モサック・フォンセカのジュネーブ支所のIT技術者がスイス検察に逮捕され、身柄を拘束されていると報じた。

 弁護士によると、技術者は容疑を否認している。技術者がパナマ文書の漏えいにどのように関与していたかが捜査の焦点だ。

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文481文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集