メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

共和・アーミテージ氏、クリントン氏へ投票表明

リチャード・アーミテージ元米国務副長官=2014年12月、西田進一郎撮影

 【ワシントン西田進一郎】米共和党穏健派の外交・安全保障政策の専門家で知日派のリチャード・アーミテージ元国務副長官は16日、政治専門メディア「ポリティコ」の取材に対し、大統領選で同党候補に実業家ドナルド・トランプ氏(70)がなれば、民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(68)に投票すると明言した。共和…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文382文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. ことば AYA世代

  4. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです