メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児がん征圧キャンペーン「生きる」

小児がん征圧キャンペーン20周年 シャンソンで家族支援 清水さんコンサート20年

「『生きる』キャンペーンの資料は、イベントのジャンパーまでとってある」と話す清水さん=本橋由紀撮影

 小児がんの子どもたちのためのチャリティーコンサートを開いているシャンソン歌手、清水康子さんの活動が20年を迎えた。新潟県長岡市で26日、49回目となるステージに立つ。「1、2回なら誰でもできるが、支援者から『貫くことが大事』と言われ、続けてきた」と話している。

 清水さんは1983年にシャンソン歌手としてデビュー。チャリティーのきっかけは、毎日新聞社が96年から始めた小児がん征圧キャンペーン「生きる」。当時、俳優の渡哲也さんが率いる芸能プロダクション「石原プロモーション」が「生きる」関連のコンサートなどを手掛けており、清水さんも裏方で手伝いをした。

 がんが治った幼児のおなかの傷痕を見つめる渡さんの姿が印象に残り、自分もチャリティー活動に関わろうと決め、96年末に東京都内のライブハウスで主宰する「『ひとつ』の会」の仲間と第1回を開いた。小児がんのことを学ぶため、患者団体の講演会にも足を運んだ。「治った」と喜ぶ子と母親のそばで、きょうだいが「私だってお母さんの子どもなのに」と言うのを聞いた。陰で我慢を強いられるきょうだいもつらいのだと知り、「本…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです