メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク日本シリーズ3連覇
鬼平を歩く

江戸・東京今昔/35 有馬家屋敷 赤羽橋 増上寺と見事な共演 /東京

首都高速の下に古川が流れ、赤羽橋が架かっている。手前は赤羽橋の親柱

 「私の藩邸から近い縁日では、有馬邸の水天宮が盛んで、その頃江戸一番という群集であった」。明治以降、俳人として有名になる松山藩(愛媛県)藩士、内藤鳴雪(1847〜1926年)は「鳴雪自叙伝」に水天宮のにぎわいをつづっている。

 内藤が暮らしていた松山藩中屋敷は現在の港区三田、イタリア大使館を中心とする区画にあり、北隣に久留米藩(福岡県)有馬家の上屋敷があった。1819年以降、有馬家は久留米から屋敷内に勧請した水天宮を毎月5日、一般公開した。

 有馬家屋敷は敷地面積8万2500平方メートル。江戸庶民にとって普段、うかがい知れぬ屋敷に入れる物珍…

この記事は有料記事です。

残り1185文字(全文1456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです