メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猫カフェ

立ち上がる姿に癒やされ おやつタイムも人気 上京 /京都

後ろ足で立ち上がる姿が人気のウニちゃん。この日は窓の外が気になったのか、30秒ほど立っていた=京都市上京区で、小松雄介撮影

 直立不動で何を見てるの?−−「キャットアパートメントコーヒー」(京都市上京区)は築100年の町家を改装した猫カフェ。看板猫を目当てに遠方から訪れる人も多い。

 萬野(まんの)大輔さん(39)、裕美さん(43)夫妻が昨年4月にオープンした。2階が直接触れ合えるスペースで、入れるのは中学生から。梁を生かした店内を猫が自在に動き回る。ガラス張りのトンネ…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです