メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2016参院選

選挙区の情勢/下 共産、平和外交必要性訴え/こころ、憲法改正を争点に/維新、風に頼らない選挙 /広島

マイクを握り、街頭演説をする立候補予定者=広島市中区で、山田尚弘撮影(一部画像を処理しています)

 公示日を翌週に控えた14日、田畑が広がる広島市郊外で共産新人の高見篤己氏(64)が訴えた。「生活に不安を感じている人も多いのではないでしょうか。参院選は政治を変えるチャンスです」

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1016文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです