メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

木密地域、風情残し防災対策

火災で煙を上げて燃える新宿ゴールデン街=東京都新宿区で4月12日、本社ヘリから宮武祐希撮影

 東京・歌舞伎町の新宿ゴールデン街で4月、火災が起きた。火災や震災で大きな被害が心配される木造住宅密集(木密)地域だ。風情を残しながら防災力を高める方策を探る努力が始まっている。

 ●ゴールデン街火災

 火の手が上がったのは4月12日午後1時半ごろだった。火元は北端にある木造2階建ての建物。少なくとも3棟計約300平方メートルが焼け、近くに住む60代の女性が軽傷を負った。日中で客はいなかったが、夜だったら大惨事の恐れがあった。

 ゴールデン街では、古い木造長屋にバーなど小さな店舗が約300軒、入居している。多くの文化人が愛し、…

この記事は有料記事です。

残り1110文字(全文1373文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです