メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貧困ビジネス

「屋根の下で暮らせる」 巧みな誘い

木内容疑者が生活困窮者に手渡した金銭管理契約書と、入居の募集をするチラシ

 「生活保護を受ければ楽に暮らせるよ、と言われ信じてしまった」。入居者から生活保護費を着服したとして逮捕された相模原市の不動産会社社長、木内忠夫容疑者(62)が経営するアパートに入居していた生活保護受給者たちが、毎日新聞の取材に応じた。巧みな誘い文句で入居させ、金銭を管理してわずかな小遣いだけでの暮らしを強いる「貧困ビジネス」の実態が浮かび上がった。【国本愛】

 「すぐに屋根の下で暮らせる。ついてくればいい」。相模原市のアパートに住む男性(65)は2年前、木内…

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1106文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. マレーシア、プラごみ日米仏など13カ国に送り返す 不法輸入の3737トン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです