Jリーグ差別的書き込み

村井氏「卑劣、絶対許されない」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 サッカーJリーグの村井満チェアマンは16日、インターネット上にJリーグ所属外国人選手に対する差別的書き込みが続いていることを受け、同様の行為を非難する声明を出した。声明では「卑劣であり、絶対に許されることではない。我々一人ひとりが、日頃から、差別撲滅の意識を強くもって行動していく必要がある」とした。

 外国人選手を巡る差別的書き込みは昨年11月、ガ大阪のブラジル人選手に対して浦和サポーターが行い、今月11日にも浦和サポーターの可能性がある人物による鹿島のブラジル人選手に対する書き込みがあった。14日にはJ2長崎の北朝鮮選手に対する書き込みがあったと判明している。村井チェアマンは「差別的行為は世界的に非常に大きな課題。撲滅に向けて、継続的に努力していくべきもので、JリーグとJクラブは、これからも…

この記事は有料記事です。

残り38文字(全文389文字)

あわせて読みたい

注目の特集