メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の真相

英国のEU離脱問題 ショイブレおじさんの警告=浜矩子

 前回に引き続き、英国の欧州連合(EU)離脱問題を考えたい。同じテーマで気が引けるが、何しろ、6月23日の国民投票日まで、まさに秒読み段階に入ってきた。どうしても、目と頭がその方向に向いてしまう。

 投票日が近づくにつれて、離脱派が勢いを増している。そのおかげで、英国国内の残留派も、他のEU諸国も、相当にパニック感を募らせている。英国内の状況も、少々狂気じみてきた。残留派の議員が殺害されるという暴挙には、全くあぜんとする。これは許されない。胸が痛む。

 結果はどう出るか。結局は英国の残留で決着がついたとしても、他のEU諸国の首脳たちと欧州委員会の幹部たちは、今の追い詰められた思いを決して忘れてはいけない。

この記事は有料記事です。

残り1756文字(全文2060文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです