連載

躍動の予感 32代表の横顔

11月22日に開幕する第91回都市対抗野球大会。栄光の黒獅子旗を目指し東京ドームに集う32代表を紹介します。

連載一覧

躍動の予感 32代表の横顔

第87回都市対抗野球 32代表の横顔/4

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
第2代表決定戦で先制本塁打を放つ七十七銀行の中井=佐々木順一撮影
第2代表決定戦で先制本塁打を放つ七十七銀行の中井=佐々木順一撮影

一戦ごと成長

 ◆仙台市・七十七銀行(東北第2代表)2年ぶり11回目

 2年ぶりの出場に主将の中井は「この1年間は苦しかった」と振り返る。苦悩の1年を象徴するかのように2次予選も6試合中3試合が1点差の勝利。ただ上野監督は「一戦ごとに成長した」と粘り強く戦ったチームに手応えを感じている。

 投手陣は、右ひじの手術からようやく先発を担えるようになった阿部、33歳の植松、若手の東谷、鈴木と右腕4人がそろう。2年目の鈴木は制球が良く、先発、救援のどちらも結果を残しており、心強い。

 打線も勢いがある。花岡はパンチ力を備えた1番で2次予選はチーム一の3本塁打。長打もある2番・佐藤翼に、しつこい打撃が持ち味の野村、佐藤勇、中井の中軸が打線を引っ張る。【村田隆和】

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文658文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい