メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

移住定住・交流センター

移住の相談、町で共有 「ありのままの姿知って」 若桜が開設 /鳥取

交流センターで交流する町民ら=鳥取県若桜町で、李英浩撮影

 若桜町が同町若桜の商業施設2階に「移住定住・交流センター」を開いた。これから移住を検討している人や既に移り住んでいる人からの相談を受け、移住に伴う悩みや解決策などを共有する拠点にする。【李英浩】

 事務所と約50平方メートルの「交流センター」を設置。Uターンなどで町外から移住した3人が勤務する。交流センターにはカウンターキッチンなどを設け、移住に関するイベント会場などに利用する。

 町ふるさと創生課によると、2015年の移住相談は約90件あった。14年に全国で初めて保育料の完全無…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです