メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

大竹文雄・評 『自由の思想史−市場とデモクラシーは擁護できるか』=猪木武徳・著

 (新潮選書・1404円)

予測困難な未来の真理に近づく

 自由な時間は多いが給料が低い仕事と、自由な時間はないけれど給料が高い仕事のどちらがいいのか。この選択は人によって異なるだろう。

 イソップは「太った奴隷になるよりも飢えて自由な方がよい」と「犬とオオカミ」の寓話(ぐうわ)で書いている。しかし、著者の猪木武徳氏は、ことはそれほど単純に割りきれないのではないか、と疑問を呈す。「何かに隷従したい」という気持ち、「拘束を受けても、十分食べたいという欲望」があるのではないか。「自由で飢える」方がよいと考える倫理的根拠や、精神的な欲求としての自由をいかなる価値よりも優先させるべき理由は何か。自由と不自由のコストとベネフィットを考量するときがあるのではないか。本書は、こうした疑問について様々な思想家の考えを紹介しながら著者の考えを回想を交えてまとめたものだ。

 本書は「守るべき自由とは何か」「自由のために闘ったアテナイの人々」「古代ローマ人の自由と自死」「信…

この記事は有料記事です。

残り1013文字(全文1441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  4. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  5. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです