AKB

総選挙、新潟で初開催 経済効果は15.6億円

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
初めての総選挙で76位となり、喜ぶNGT48の加藤美南さん(中央)=新潟市中央区のハードオフエコスタジアムで2016年6月18日、南茂芽育撮影
初めての総選挙で76位となり、喜ぶNGT48の加藤美南さん(中央)=新潟市中央区のハードオフエコスタジアムで2016年6月18日、南茂芽育撮影

 人気アイドルグループ「AKB48」の新曲を歌うメンバーをファンの投票で決める「第8回AKB48選抜総選挙」が18日、新潟市で初めて開催された。昨年から同市を拠点に活動を始めた姉妹グループ「NGT48」からは、キャプテンの北原里英さんが12位、AKB48と兼任の柏木由紀さんが5位に選出。会場となった新潟市中央区のハードオフエコスタジアムには、全国各地から約3万人のファンが詰めかけ、熱気に包まれていた。【南茂芽育】

 同日午前4時に出発して、友人らと車で駆け付けたという東京都足立区の会社員、斎藤真幸さん(30)は、CD約60枚を購入するなどして計75票を投票。全て「ドラマで一目ぼれした」というAKB48の谷口めぐさんに入れた。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文822文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集