沖縄県民大会

「海兵隊撤退を」女性殺害に抗議

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米軍属事件に抗議し、被害者を追悼する県民大会で「海兵隊は撤退を」のプラカードを掲げる会場を埋め尽くした参加者たち=那覇市で2016年6月19日午後3時19分、野田武撮影
米軍属事件に抗議し、被害者を追悼する県民大会で「海兵隊は撤退を」のプラカードを掲げる会場を埋め尽くした参加者たち=那覇市で2016年6月19日午後3時19分、野田武撮影

 沖縄県うるま市の女性(20)を殺害したなどとして元米海兵隊員で米軍属の男が逮捕された事件に抗議し、被害者を追悼する県民大会が19日、那覇市の奥武山(おうのやま)公園陸上競技場で開かれた。主催者発表で約6万5000人が参加。「繰り返される米軍人・軍属による事件や事故に対し、県民の怒りと悲しみは限界を超えた。『基地をなくすべきだ』との怒りの声はおさまらない」として、在沖縄米軍の大半を占める海兵隊の撤退や県内移設によらない米軍普天間飛行場(宜野湾市)の閉鎖・撤去、日米地位協定の抜本的…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文607文字)

あわせて読みたい

注目の特集