メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

出生前診断、現状と課題紹介 河合蘭さん

科学ジャーナリスト賞贈呈式でスピーチする河合蘭さん=2016年5月12日午後8時54分、須田桃子撮影

 「執筆依頼を受けてから3カ月迷った」。著書「出生前診断 出産ジャーナリストが見つめた現状と未来」(朝日新書)で第11回科学ジャーナリスト賞の一人に選ばれた河合蘭さん(56)は受賞スピーチでこう明かした。

 染色体疾患など胎児の医学的な問題の有無を調べる出生前診断は、時に妊娠の中断という重い選択につながる。取材を重ね、この診断の本来の目的は…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  4. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  5. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです