メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

出生前診断、現状と課題紹介 河合蘭さん

科学ジャーナリスト賞贈呈式でスピーチする河合蘭さん=2016年5月12日午後8時54分、須田桃子撮影

 「執筆依頼を受けてから3カ月迷った」。著書「出生前診断 出産ジャーナリストが見つめた現状と未来」(朝日新書)で第11回科学ジャーナリスト賞の一人に選ばれた河合蘭さん(56)は受賞スピーチでこう明かした。

 染色体疾患など胎児の医学的な問題の有無を調べる出生前診断は、時に妊娠の中断という重い選択につながる。取材を重ね、この診断の本来の目的は…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. ガンダム 「0080」のNT-1のガンプラがクリアカラーに 内部フレームが見える アーマー着脱も
  5. あなたの参院選 氷河期世代の人生再設計は ロスジェネの逆襲も?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです