メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワールド・トレジャー

特派員が選ぶ私の世界遺産 パナマホテル(米国・シアトル) 日系人の原風景伝える

パナマホテル地下にある公衆浴場=米シアトルのパナマホテルで2016年5月、野沢和弘撮影

 米ワシントン州シアトルのダウンタウンにある旧日本人街の一角にパナマホテルは建つ。1910年に日本人建築家によって造られた赤れんがのホテルには102の客室がある。地下には和式の公衆浴場があり、戦前は日本から移住した人々でにぎわったという。

 築100年を超えた今も営業を続けており、アンティークなたたずまいが米国内だけでなく海外からも多くの宿泊客を集めている。内壁や手すりから室内の小さな調度品まで昔の面影を残すよう、精緻な修復を繰り返してきたのだという。

 「電気系統も当時のままで、最小限の電気しか使わないようホテル全体の管理を工夫している」。現在のオーナー、ジャン・ジョンソンさんは説明する。壁にはめ込み式の大きな冷蔵庫に至っては創業当時からずっと稼働しているそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1156文字(全文1491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです