メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンドウズ10

自動更新 読み上げソフト使えない 視覚障害者、難しい対応

 マイクロソフトの最新基本ソフト「ウィンドウズ10」への更新をめぐり、視覚障害者らがパソコン使用時に使う「読み上げソフト」が使えなくなるトラブルが相次いでいる。意図しない自動更新が問題になる中、支援団体は「視覚障害者が対応するのは健常者より困難」と話す。マイクロソフトも視覚障害者向けマニュアルの準備を始めた。

 東京都北区の女性(62)は目の病気で視野が狭く、読み上げソフトが頼みだ。更新すれば新しい読み上げソフトの購入が必要になるため放置していたところ、5月中旬に更新が始まってしまい、ソフトが使えなくなったという。

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです