メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 指定廃棄物の保管強化 龍ケ崎組合が倉庫新設 /茨城

 東京電力福島第1原発事故で放出された放射性物質を含む指定廃棄物の処分問題で、一時保管団体の一つである「龍ケ崎地方塵芥(じんかい)処理組合」(龍ケ崎市)は19日、環境省の担当者を招き、住民説明会を開いた。組合は年内に敷地内に堅固な倉庫を建て、来春までに移し替える保管強化策を明らかにした。

 環境省と一時保管する県内14市町は2月、それぞれの現地で「分散保管」を続ける方針を決めている。説明会は分散保管継続を受けて開かれたもので、住民13人が出席した。

 組合は同市、利根町と河内町の3市町で構成される。ごみ焼却灰を固めた指定廃棄物181・5トン(242…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  2. 横浜市 指定ごみ袋導入へ 分別簡略化と温暖化対策 /神奈川

  3. オンライン「人狼ゲーム」に数万回投稿 偽計業務妨害容疑で高校生書類送検

  4. 米グーグルに逮捕歴の削除命じる 札幌地裁、不起訴の男性が求める

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです