メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

サラエボ出身のシンガー・ソングライター ヤドランカ・ストヤコビッチさん=5月3日死去・65歳

自由な感覚で音楽を ヤドランカ・ストヤコビッチさん=筋萎縮性側索硬化症による呼吸困難のため、5月3日死去・65歳

 おおらかで澄んだ歌声。人なつっこい笑顔。緑色の瞳が悲しみで染まったのは、旧ユーゴスラビア時代に故郷、サラエボで行われた冬季五輪(1984年)での思い出を尋ねたときだ。「民族が交ざり合うサラエボの街はいつにも増してにぎやか。明け方まで音楽が響いていた」。競技場の特設ステージで五輪のテーマ曲を歌ったのはヤドランカさんその人。祖国分裂の足音も聞こえていなかった。

 14年後の長野五輪の開会式。スタンドから新国旗を掲げたボスニア・ヘルツェゴビナの選手団を感無量の思…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文765文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 情熱大陸 世界の深海に挑む美しき人魚姫 世界新記録を持つフリーダイバー・木下紗佑里に密着!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです