メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おんなのしんぶん・MyWay

わたしの生き方 何が起きても自分を信じて ハーブ研究家 ベニシア・スタンリー・スミスさん

庭の新緑がまぶしい自宅の縁側に座るベニシア・スタンリー・スミスさん=京都市左京区で、小松雄介撮影

 子爵だった祖父には息子が生まれず、跡継ぎがいませんでした。4人の娘のうち一番おてんばだった母は美人でしたがワガママ。4回結婚しました。私の父は4人います。1番目の実父は本をたくさん読んでくれたし、4番目の父からは勉強の大事さを学びました。それぞれの父が違うことを教えてくれて、よかったと思います。

 貴族はお金があるから、夏はモンテカルロで買い物して、冬はスキーへ行って遊んでいます。私はそんな人生は嫌だった。19歳の時、ちょうどベトナム戦争中で、反戦歌を作ってレコードも出していました。英国の伝統的なバラード「スカボロー・フェア」のレコードを出そうとしたら、同時期に偶然、サイモンとガーファンクルが同じ曲を見つけてレコードを発売。「ベニシア、ごめん。あの曲は他の人がやっているから出せない」とレコード会社の人に言われ、「まさか」と思いました。でも、これも運命だと思うことにして、インドへ行ったのです。

 インドではプレム・ラワットさんに出会いました。「平和の大使」として知られる彼も当時はまだ少年。アシ…

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1342文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 覆面レスラー「議会に新風」信州プロレス代表・グレート無茶氏、長野市議選トップ当選

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  5. 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです