連載

躍動の予感 32代表の横顔

11月22日に開幕する第91回都市対抗野球大会。栄光の黒獅子旗を目指し東京ドームに集う32代表を紹介します。

連載一覧

躍動の予感 32代表の横顔

第87回都市対抗野球 32代表の横顔/5

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
信越クラブのエース高橋
信越クラブのエース高橋

11人が新加入

 ◆長野市・信越クラブ(北信越代表)2年連続22回目

 今年11人が新たに加入した。入れ替えが多かったチームは予選を通じてまとまり、代表決定戦では延長を制して、2年連続で代表権をつかんだ。

 エース高橋がチームの大黒柱。東海大出身の4年目右腕は140キロ台前半の直球とカットボールを駆使し、打たせて取る投球が持ち味。2次予選準決勝では5安打完封。決定戦でも粘りを見せた。昨年は本大会で1勝し、「新しい選手にドームの雰囲気を味わわせたい」と頼もしく語る。

 打線では2次予選で2年目の柳が13打数6安打9打点と活躍。1番・山田は9打数5安打5四死球と出塁が多く、独立リーグから今年加入した26歳の萩島も下位で粘りを見せるなど好機を確実に生かす。【村社拓信】

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文681文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい