メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

帯広署

警官の飲酒運転3年連続 道民「あきれた」

署員2人が逮捕された北海道警帯広署。「NO!飲酒運転」ののぼりが立っていた=帯広市で2016年6月19日午後2時30分、鈴木斉撮影

 後を絶たない飲酒運転の撲滅に向けて官民挙げて取り組んでいる時に、取り締まるべき警察官がなぜ−−。北海道警帯広署員2人が酒気帯び運転の疑いで逮捕されたうえ、2人の乗った車が当て逃げ事故を起こしていたことも判明。道内では衝撃が広がった。

 帯広署では2014年3月、50代の男性警部補が道交法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕され、15年5月にも20代の男性巡査長が同容疑で書類送検されている。

 相次ぐ署員による飲酒運転に絡む不祥事について、帯広市の50代の男性会社員は「同乗者が止めるべきなの…

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文816文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 衆院予算委員長「閣僚から不穏当な発言」と注意 茂木経済再生担当相やじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです