メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

糖尿病予防

「ウエアラブル」で生活記録 実証実験へ

ウエアラブル電子機器を使った糖尿病予備軍の行動変容モデル事業の概念図

 糖尿病一歩手前の人々に対し、腕などに付ける「ウエアラブル電子機器」で運動量や健康情報を計測し、データを活用することで生活習慣の改善を促そうと、トヨタ自動車、三菱地所、ユニクロ、タニタなどが参加して実証実験を始めることが分かった。経済産業省のモデル事業で、今夏から半年間実施。2000万人を超える糖尿病予備軍が人工透析などの治療を必要とする前に、情報技術(IT)で「行動変容」するモデルを作り出す。増大する医療費の削減も狙いだ。【斎藤義彦】

 経産省は今春、「健康・医療情報を活用した行動変容モデル事業」参加者を公募。識者の意見を踏まえ、8グ…

この記事は有料記事です。

残り1029文字(全文1299文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです