メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米乱射

「聖戦」悪用、怒り発散か 容疑者の元同僚が証言

ダニエル・ギルロイ氏

 【オーランド(米フロリダ州)で國枝すみれ】オマル・マティーン容疑者が勤務していた警備会社の元同僚、ダニエル・ギルロイ氏(44)が毎日新聞のインタビューに応じ、容疑者について「(社会の)すべてに怒っていた」と語った。ギルロイ氏は「彼は社会や文化、幸せそうな人が嫌いだった。ジハード(聖戦)としてなら自分の殺人行為を正当化できると考えたのだろう」と話し、事件はイスラム過激思想を悪用した「怒りの発散」との見方を示した。

 地元警察で捜査部門を中心に8年間働いた経験があるというギルロイ氏は、2015年3月まで1年2カ月間…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文701文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです