プロ野球

巨人、継投でかわす ロッテは7連勝で止まる

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ○巨人5−1ロッテ●(19日、東京ドーム)

 巨人が継投でかわした。一回、4長短打で3点を先取し、八回は坂本、鈴木の適時打で2点を加えた。投げては四回から登板した田原誠以降の救援陣4人が無失点と好投し、3番手で2回を投げた宮国が2勝目。ロッテは唐川が1回3失点で降板し、7連勝で止まった。

 ロッテ・伊東監督 一回の3点が重かった…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文397文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集