メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銃声と殺戮と男の子 人々が切り取った日常

 シリア。いまなお厳しい内戦が続き、死者が30万人、難民は400万人を超えると伝えられます。これは、暴力によって社会が破壊され、引き裂かれたシリアの現場報告です。

 現場報告という言葉は比喩ではありません。シリアの人々が、スマートフォンなどによって暴力の現場を撮影した映像をつなぎ合わせたのがこの作品だからです。監督のオサーマ・モハンメドは、シリアの町ラタキアに生まれ、カンヌ国際映画祭などで作品を発表してきましたが、シリアからパリに亡命した。そのパリでシリアから送られてきたイメージを編集したわけです。モハンメド監督は、これは1001人のシリア人、男性女性と私によるシリアの自画像であると述べています。

 最初から目を背けたくなるような酷(ひど)い映像が続きます。自由を求める民衆がデモをしていると、発砲…

この記事は有料記事です。

残り1230文字(全文1601文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
  3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
  4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです