シリア難民

NGO・秋本さん、現状報告 早期婚、児童労働… 中京 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 シリアからの難民65万人以上が暮らす隣国ヨルダンの現状について、NGO・日本国際民間協力会(NICCO)が報告会をした。昨年3月からプロジェクトマネジャーとして現地で指揮する秋本泰孝さん(44)が、写真を使い支援活動の内容を具体的に説明した。

 報告会は今月14日、京都市中京区のNICCO本部で開かれた。秋本さんは「難民はヨルダン政府から労働が認められておらず、それが15…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集