メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ子会社

家庭用ロボ、人工知能応用し「15年以内に」 高齢化で需要増、普及目指す

取材に応じた「TRI」のギル・プラット最高経営責任者(CEO)=名古屋市内で20日

 トヨタ自動車が米国で設立した人工知能(AI)開発子会社「トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)」のギル・プラット最高経営責任者(CEO)は20日、毎日新聞などのインタビューに応じ、高齢者や障害者などの生活を助ける家庭用ロボットを「今後15年以内に実用化する」と意欲を示した。自動運転車にも搭載されるAIを応用し、高齢化社会で需要が高まる介護の現場などでの普及を目指す。

 プラット氏は米国防総省傘下の国防高等研究計画局元幹部で、ロボット研究の第一人者。トヨタが今年1月に…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文643文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 運転免許返納 入浴料割引、ドリンクサービスも 横浜・天然温泉満天の湯 /神奈川
  4. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  5. 養護施設元職員、入所の男子中学生にわいせつ行為 児福法違反容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです