連載

躍動の予感 32代表の横顔

11月22日に開幕する第91回都市対抗野球大会。栄光の黒獅子旗を目指し東京ドームに集う32代表を紹介します。

連載一覧

躍動の予感 32代表の横顔

第87回都市対抗野球 32代表の横顔/6

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新人ながら4番に座る日立製作所の菅野=竹内紀臣撮影
新人ながら4番に座る日立製作所の菅野=竹内紀臣撮影

攻撃力がアップ

 ◆日立市・日立製作所(北関東第1代表)2年連続35回目

 2人の即戦力新人を加えた攻撃陣がパワーアップし、3年ぶりに第1代表となった。

 1番・田中俊(東海大)、4番・菅野(明大)は共に神奈川・東海大相模高3年の時にセンバツ優勝を経験した。プロ野球・広島で活躍中の広輔を兄に持つ俊足巧打の田中俊は予選全6試合で安打をマーク。通算28二塁打の東京六大学リーグ新記録を作った強打者・菅野は2次予選の新日鉄住金鹿島戦で決勝本塁打を放った。2次予選の首位打者となった11年目・中村良、元4番の15年目・田中政らベテランも健在だ。

 投手陣は主戦格の猿川をはじめ、荻野、山本の元プロコンビが安定している。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文672文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい