メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸自誤射

「経験不足」実弾気づけず 「発注時ミス原因」

使用された実弾(上)と使用予定だった空包(下)=陸上自衛隊北部方面総監部提供

 北海道鹿追町の陸上自衛隊然別(しかりべつ)演習場であった誤射事故で、陸自は20日、「弾薬調達の担当者がパソコンシステムで入力を誤り、実弾を請求したことが主な原因」などとする調査結果を公表した。弾を受け取った時の確認不足や隊員の経験不足も重なり「ミスを防げなかった」としている。

 北部方面輸送隊所属の第310輸送中隊は5月23日午後3時半ごろ、物資輸送で移動中に敵襲を受けて応戦する場面を想定して訓練を実施した。空包を使用する予定だったが、実弾が使用され、隊員9人が実弾計79発を発射した。相手に狙いを定めて撃つのではなく、動きをけん制する射撃だったため、弾は当たらなかったという。空包用の銃口補助器具が実弾発射によって破損し、破片が当たったとみられる隊員2人が軽傷を負った。

 札幌市の陸自札幌駐屯地で記者会見した北部方面総監部広報室の岡欣司報道班長の説明などによると、輸送隊…

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文1101文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NHKの体操番組に熱視線、5分で心をつかむ“裏切らない体作り”とは?
  2. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  3. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 青森4人死亡 飲酒運転で速度超過 32歳容疑者を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです