メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱自

燃費、最大16%悪化 国交省の計測

三菱自動車の本社=望月亮一撮影

 三菱自動車の燃費不正問題で国土交通省は21日、燃費データが改ざんされていた軽自動車4車種の燃費について、実際にはカタログ値より最大で約16%悪かったとする計測結果を発表した。一部の車種はエコカー減税の減税幅が見直される。一方で、4車種は保安基準を満たしていたとして、車の量産・販売に必要な国の認証である「型式指定」は取り消さないとした。

 国交省は同日、燃費値の修正を指示した。三菱自はこれに応じ、不正を公表した4月20日から停止している水島製作所(岡山県倉敷市)での軽自動車生産を7月中にも再開したい考え。

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 新型コロナ 合唱飛沫、前列へ前列へ 4人テーブル、隣の席が「最大」 理研など分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです