安保法

「違憲」埼玉で集団提訴…全国7例目

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
さいたま地裁前で安全保障関連法の廃止を訴える原告団=さいたま市浦和区で2016年6月20日午前10時3分、鈴木拓也撮影
さいたま地裁前で安全保障関連法の廃止を訴える原告団=さいたま市浦和区で2016年6月20日午前10時3分、鈴木拓也撮影

 集団的自衛権の行使容認を柱とする安全保障関連法は平和的生存権などを侵害し違憲だとして、埼玉県などに住む318人が20日、国を相手に1人当たり10万円の損害賠償を求める訴訟をさいたま地裁に起こした。弁護団によると、同様の集団提訴は7例目。

 訴えたのは「安保法制違憲訴訟埼玉の会」に賛同する30〜90代…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文360文字)

あわせて読みたい

ニュース特集