メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド・ニュースアップ

命見つめ続ける95歳 死と生は一つのもんや 東大寺・狹川宗玄長老=学芸部・花澤茂人

朝の法要を終え、シカたちに見守られながら自坊に戻る狹川宗玄長老=奈良市の東大寺で、花澤茂人撮影

 大仏様のおわす奈良、東大寺。その歴史を1世紀近くその目で見つめ続けている僧侶がいる。狹川宗玄(さがわそうげん)長老(95)。1987年から3年間、第211世別当(住職)を務め、以後25年以上、別当経験者を意味する「長老」として寺で重きをなしてきた。そんな長老が今年、さまざまな節目を迎えている。2月に妻を亡くし、5月には長男普文(ふもん)さん(65)が新しい別当に。自らは来月、父が亡くなった年齢に追いつく。仏教者として今、「生きること」そして「死ぬこと」について何を思うのか。

 5月30日、伝統仏教の各宗派や奈良県政財界トップら約900人が集った大仏殿で、狹川長老は静かに目を…

この記事は有料記事です。

残り2423文字(全文2713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです