メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 進む副大統領候補選考 弱点補う伴走者 党大会までの焦点

 【ワシントン西田進一郎】米大統領選は、民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(68)と共和党の実業家ドナルド・トランプ氏(70)が対決する構図が固まり、副大統領候補選びが本格化している。両氏とも不支持率が支持率を大きく上回る「不人気候補」。弱点を補完する伴走者の選択が、正副大統領候補が指名される7月下旬の党大会までの焦点だ。

 民主党の注目株は、女性でリベラル派のエリザベス・ウォーレン議員(66)だ。ウォール街(金融業界)批…

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 元農水次官、長男殺害で懲役6年の実刑判決 東京地裁

  4. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  5. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです