メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

マンション 共助で災害備え

タワーマンションはエレベーターが停止すると高層階が孤立する危険がある=東京都中央区で

 大地震の際、マンションは建物の倒壊はなくても、受水槽やエレベーターなど設備やライフラインが被災し住民の生活が困難になることがありうる。被害を軽減するには住民が支援しあう共助の体制がいる。備えておくべきポイントをみた。

 ●防災専門委を

 大地震時、マンションではどのような被害が想定されるのか。不動産コンサルタント会社、さくら事務所(東京都渋谷区)のマンション管理コンサルタント、土屋輝之さんは「一言でいえば、建物は壊れなくても住めなくなる可能性がある」と話す。

 1981年以降に建てられた新耐震基準のマンションは震度6強〜7程度でも倒壊しないよう設計されており…

この記事は有料記事です。

残り1717文字(全文1997文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです