連載

躍動の予感 32代表の横顔

11月22日に開幕する第91回都市対抗野球大会。栄光の黒獅子旗を目指し東京ドームに集う32代表を紹介します。

連載一覧

躍動の予感 32代表の横顔

第87回都市対抗野球 32代表の横顔/7

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
打率5割2分6厘と活躍した三菱重工神戸・高砂の石上=平川義之撮影
打率5割2分6厘と活躍した三菱重工神戸・高砂の石上=平川義之撮影

玉置が原動力に

 ◆鹿嶋市 新日鉄住金鹿島(北関東第2代表) 3年ぶり16回目

 2002年から7年間率いた中島監督が8季ぶりに復帰し、3年ぶりにドーム切符を獲得。原動力となったのは、プロ野球・阪神から新加入した29歳の右腕・玉置だった。

 負ければ予選敗退が決まる2次予選・富士重工業戦に先発した玉置は直球とチェンジアップを低めに集め、2安打無四球で完封。翌日の全足利ク戦でも救援し、勝利に貢献した。共に左腕の嶋田、能間も先発要員。

 打線は、2次予選で打率5割3分3厘、2本塁打、6打点のチーム3冠王の4番・高畠が中心。パンチ力のある主将・福盛、社会人日本代表経験のある堀越らが前後を固める。二遊間を守る林(東洋大)、佐藤竜(法大)の両新人も注目だ。【大矢伸一】

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文679文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい