特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選

副大統領候補選び本格化

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン西田進一郎】米大統領選は、民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(68)と共和党の実業家ドナルド・トランプ氏(70)が対決する構図が固まり、副大統領候補選びが本格化している。両氏とも不支持率が支持率を大きく上回る「不人気候補」。弱点を補完する伴走者の選択が、正副大統領候補が指名される7月下旬の党大会までの焦点だ。

 民主党の注目株は、女性でリベラル派のエリザベス・ウォーレン議員(66)だ。ウォール街(金融業界)批判で知られ、同党女性上院議員の中で最後までクリントン氏支持を表明しなかった。ウォーレン氏を迎えれば、同じくリベラルなバーニー・サンダース上院議員(74)を推す若者らの取り込みが望める。

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文948文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集