アルパカの赤ちゃん

元気いっぱいすくすく育つ 北海道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 北海道恵庭市の「えこりん村みどりの牧場」で人気者のアルパカに赤ちゃんが生まれ、すくすくと育っている。

 アルパカは南米大陸原産のラクダ科の家畜。5月18日、雄の「ムー」と雌の「ハンナ」の間に生まれた赤ちゃんは、誕生時8キロの体重が1週間で10キロまで増え、母親似のモコモコした体毛に包まれてぬいぐるみ…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文307文字)

あわせて読みたい

ニュース特集