メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民法改正法制審案

居住権確保や相続分増 配偶者に配慮

 配偶者に配慮した遺産相続の在り方などを検討している法制審議会(法相の諮問機関)の部会は21日、配偶者が相続開始時に居住していた建物に住み続ける権利を保護したり、婚姻期間が長期にわたる場合に相続分を増加したりする民法改正の中間試案をとりまとめた。来月から約3カ月間、インターネットなどで意見公募を行い、要綱案を作成する。法務省は来年中の国会にも民法改正案を提出する方針。

 試案は、亡くなった人(被相続人)の配偶者が一定期間、住んでいた被相続人所有の建物を使用できる権利「…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文635文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  4. 愛媛・伊方原発 3号機 特重施設の工事分割 四電、規制委に申請 /徳島
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです