メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

401 ビッグバン理論の現在/3

「ダークエネルギー」の登場とうじょう

 前回ぜんかいは、ダークマターが何物なにもの判明はんめいしないうちに、「宇宙うちゅう加速膨張かそくぼうちょう」という事実じじつてきたときました。わたしたちのっている宇宙うちゅうは、物質ぶっしつやダークマターの引力いんりょく支配しはいされているから、あらためて「ひろがるちから」はないはずなのですが、これはこまったことになりました。

     不思議ふしぎなことに、空間くうかんひろがっていくのに、そのエネルギーはうすまっていかないのです。普通ふつうは、ひろがるにつれてエネルギーはうすまるから、ひろがろうとするいきおいはおとろえて、膨張ぼうちょう速度そくどおそくなるはずです。ところが、観測かんそくによれば、ひろがればひろがるほど、エネルギーがおおきくなっているのです。

     この「ダークエネルギー」とづけられたエネルギーの正体しょうたいは、現在げんざいまったくかりません。ただひとつだけえることは、アルベルト・アインシュタイン(写真しゃしん1)がかんがした「E=mc2」という公式こうしき(Eはエネルギー、mは質量しつりょう、cは光速こうそく)(1)によって、物質ぶっしつはエネルギーに、またエネルギーは物質ぶっしつ変換可能へんかんかのう(ぶっちゃけてえば、エネルギーと質量しつりょう本質的ほんしつてきにはおなじもの)ということなので、前回紹介ぜんかいしょうかいしたこの宇宙うちゅうなかで、わたしたちのっている物質ぶっしつ16%、ダークマター84%という図式ずしきが、エネルギーというてんからかんがえると、もろくもくずれてしまいます。

    なぞ×なぞ

     ダークマターという、それだけでもえたいのしれない存在そんざいくわえて、もうひとつ「ダークエネルギー」という、さらに正体不明しょうたいふめい存在そんざい姿すがたあらわし、現代げんだい物理学ぶつりがくは、まさになぞっただなかほうまれたかんじがしますね。

     でも科学者かがくしゃたちは、たくましくこのあらたななぞいどはじめました。まず精密せいみつ正確せいかく観測かんそくかさねて、現在げんざいのところ、ダークエネルギー、ダークマター、わたしたちのっている物質ぶっしつの3しゃは、のような割合わりあいになっていることをあきらかにしています(2)。

     ところが、その「ダークエネルギーによる宇宙うちゅう加速膨張かそくぼうちょうが、従来考じゅうらいかんがえていたよりもさらに加速かそくしているらしい」という観測結果かんそくけっかが、ハッブル宇宙望遠鏡うちゅうぼうえんきょうによる研究けんきゅうから発表はっぴょうされました。この連載れんさいは、次回じかいそのことでめくくりましょう。(つづく)


     ★的川泰宣まとがわやすのりさん

     ながらく日本にっぽん宇宙開発うちゅうかいはつ最前線さいぜんせん活躍かつやくしてきた“宇宙博士うちゅうはかせ”。現在げんざい宇宙航空研究開発機構うちゅうこうくうけんきゅうかいはつきこうJAXAジャクサ)の名誉教授めいよきょうじゅ

     YACヤック顧問こもん、「KU−MAクーマ名誉会長めいよかいちょう、「はまぎんこども宇宙科学館うちゅうかがくかん館長かんちょうつとめる。


    日本宇宙少年団にほんうちゅうしょうねんだん(YOUNG ASTRONAUTS CLUB−JAPAN)

    宇宙好うちゅうずあつまれ!! http://www.yac-j.or.jp

    NPO法人ほうじん ども・宇宙うちゅう未来みらいかい(KU−MAクーマ

    宇宙教育うちゅうきょういくサポーターあつまれ!! http://www.ku-ma.or.jp

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
    2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
    3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
    4. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです