メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演芸よろず根多帳

上方落語会が東京でスタート 東中野「ポレポレ坐」

 近年、落語界の東西交流がますます活発になるなか、東京勢にやや押され気味の上方落語。東京での拠点の一つにと、東中野の「ポレポレ坐」で落語会がスタートした。4月の笑福亭三喬に続き、7月15日には桂梅団治が登場する。漫画的な部分と情的な部分を持ち合わせる本格派。東京での独演会は初めて。「気負っていくと失敗しそうなので、ふわっと面白くやった方がいいのかな」と語る。

 1980年に三代目春団治に入門。97年に四代目梅団治を襲名した。師匠の十八番だけでなく、「宇治の柴…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文615文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです