メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

ウナギの保全生態学=鴨志田公男

 そろそろ、ウナギが恋しい季節になってきた。

 万葉集には、大伴家持が、夏痩せした友人に「夏痩せに よしというものぞ 鰻とり食せ(うなぎをとって食べたらいかが)」と呼びかける和歌が収録されている。かば焼きが登場したのは江戸時代のようだが、ウナギが古くからスタミナ食として既に認識されていたことが分かる。

 そのウナギが、乱獲などの影響で絶滅の危機にある。

 2年前には、国際自然保護連合(IUCN)により、ニホンウナギが絶滅危惧種に指定された。トキやラッコ…

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1101文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  5. 京アニ寄付、義援金として被害者・遺族へ配分 寄付の税制優遇も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです