メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

ウナギの保全生態学=鴨志田公男

 そろそろ、ウナギが恋しい季節になってきた。

 万葉集には、大伴家持が、夏痩せした友人に「夏痩せに よしというものぞ 鰻とり食せ(うなぎをとって食べたらいかが)」と呼びかける和歌が収録されている。かば焼きが登場したのは江戸時代のようだが、ウナギが古くからスタミナ食として既に認識されていたことが分かる。

 そのウナギが、乱獲などの影響で絶滅の危機にある。

 2年前には、国際自然保護連合(IUCN)により、ニホンウナギが絶滅危惧種に指定された。トキやラッコ、パンダなどと同じ1B類というランクだ。

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです