連載

躍動の予感 32代表の横顔

11月22日に開幕する第91回都市対抗野球大会。栄光の黒獅子旗を目指し東京ドームに集う32代表を紹介します。

連載一覧

躍動の予感 32代表の横顔

第87回都市対抗野球 32代表の横顔/8

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

投打かみ合う

 ◆さいたま市 日本通運(南関東第1代表) 2年連続41回目

 投打がかみ合い、5年ぶりの第1代表を決めた。一回り成長した姿を見せたのが、3年目左腕の渡辺だ。第1代表決定戦では、新日鉄住金かずさマジックを3安打完封。今年は下半身を使うことをより意識し、球威が増した。鷺宮製作所から昨年移籍してきた経験豊富な左腕・高山も緩急をつけた投球で試合を作る頼もしい存在。

 4番に座るのは、創価大出身のルーキー北川。第1代表決定トーナメント2回戦で、2点本塁打を放つなど長打力が光る。2年目の大谷は2次予選の打率が5割5分6厘、打点4と勝負強い。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文660文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい