参院選

第一声 与党55人で「改憲」触れたのは何人か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院選 焦点の議席数(定数242)
参院選 焦点の議席数(定数242)

野党候補は88人中54人が憲法に言及 与党側を批判

 毎日新聞は参院選が公示された22日、選挙区候補のうち主要8政党127人全員と野党共闘の無所属16人が、街頭演説で憲法問題に言及するかどうかを調べた。与党候補55人で憲法に触れたのは自民現職1人のみ。野党候補は88人中54人が憲法に言及し、大半は憲法を語らない与党側を「争点隠しだ」などと批判した。【まとめ・川崎桂吾、山崎征克】

この記事は有料記事です。

残り1238文字(全文1427文字)

あわせて読みたい