メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたはどっち?

消費増税 2度目の延期

イラスト・藤井龍二

新興国の景気が低迷。日本への悪影響心配し安倍首相が判断

 安倍晋三首相が、2017年4月に予定していた消費税率10%への引き上げを19年10月まで延期すると発表しました。増税の延期は2度目。

 首相は「新興国経済に陰りが見えるため」と説明しています。中国など新興国の景気が低迷し、日本経済へのしわ寄せも見込まれる中、消費税まで増税すれば、モノやサービスの買い控えを招いて景気が悪化しかねない、と心配したのです。

 首相は14年11月に最初の延期を発表した際、金融機関の経営が悪化して世の中にお金が回りにくくなった「リーマン・ショック」や、東日本大震災級の事態が起きない限り、17年4月に増税すると約束していました。今は金融機関の経営が改善し、そこまでの危機とは言えません。首相は、新興国経済の悪化といったリスクに直面する中での「これまでの約束とは異なる、新しい判断」と説明しています。

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1213文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会見後に予定入れたのは「打ち切り」のため? 原稿棒読みの場面も多く 菅首相

  2. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  3. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  4. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです