メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

「食」通じ難民知って 学食にバングラデシュ、ミャンマー料理 「M4R」活動、支援協会に寄付も

M4Rのメニュー「バングラデシュのエッグカレー」と「タピオカとサツマイモのデザート」を食する企画メンバー東京女子大学食で

 「食」を通じて難民を知り、支える取り組み「Meal for Refugees(難民のための食事、M4R)」。これまでに20以上の大学が実施し、学食に難民の故郷の味を取り入れてきた。その取り組みを取材した。【一橋大・梅澤美紀、写真は一橋大・武智研吾】

 世界難民の日(20日)にあわせ、今月13日から24日まで、東京女子大学(東京都杉並区)の学生食堂にはユニークなメニューが登場した。「バングラデシュのエッグカレー」のほか、「カレン(ミャンマー南東部・タイ西部の山地に住む少数民族)のココナッツミルク白玉」、「きな粉入りビルマ風サラダうどん」など。

 企画したのは同大の学生有志。メニューは難民支援協会(東京)が出しているレシピ本「海を渡った故郷の味…

この記事は有料記事です。

残り1131文字(全文1454文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. ファミマ店員がコンビニ納税を着服 手続き後に取り消す 8件で12万円 石川

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです