特集

キャンパる

学生記者がキャンパスのみならず、街へ、企業へと縦横無尽に取材。学生ならではの発見をリポートします。

特集一覧

キャンパる

「食」通じ難民知って 学食にバングラデシュ、ミャンマー料理 「M4R」活動、支援協会に寄付も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
M4Rのメニュー「バングラデシュのエッグカレー」と「タピオカとサツマイモのデザート」を食する企画メンバー東京女子大学食で
M4Rのメニュー「バングラデシュのエッグカレー」と「タピオカとサツマイモのデザート」を食する企画メンバー東京女子大学食で

 「食」を通じて難民を知り、支える取り組み「Meal for Refugees(難民のための食事、M4R)」。これまでに20以上の大学が実施し、学食に難民の故郷の味を取り入れてきた。その取り組みを取材した。【一橋大・梅澤美紀、写真は一橋大・武智研吾】

 世界難民の日(20日)にあわせ、今月13日から24日まで、東京女子大学(東京都杉並区)の学生食堂にはユニークなメニューが登場した。「バングラデシュのエッグカレー」のほか、「カレン(ミャンマー南東部・タイ西部の山地に住む少数民族)のココナッツミルク白玉」、「きな粉入りビルマ風サラダうどん」など。

 企画したのは同大の学生有志。メニューは難民支援協会(東京)が出しているレシピ本「海を渡った故郷の味」の中から選び、学食のスタッフと交渉して決定した。1食につき10円を難民支援協会に寄付する。初の試みとなった昨年冬の実施では、2週間で約400食を売り上げた。

この記事は有料記事です。

残り1052文字(全文1454文字)

あわせて読みたい

注目の特集