メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・なにコレ!?

淑徳大学学生消防団 地域の防災活動認められ

操法大会で技術を披露する淑徳大学学生消防団員=千葉市内で

 本業の傍ら、災害時には消火活動や救助活動などを行う消防団。地域の消防機関として重要な役割を担うが、その数は年々減少、高齢化も進んでいる。そんな中、増えているのが、学生消防団だ。今回、全国初となる大学内に消防団を持つ、淑徳大学(千葉市)学生消防団を取材した。

 「放水、始め!」。大学内に響く威勢のいい掛け声に続き、長さを60メートル延長したホースから勢いよく水が飛び出す。放水技術を競う操法大会に向けて練習する、同大学学生消防団だ。

 普段は、規律訓練や千葉市から貸与されている消防車に乗り、地域の防災パトロールを実施したり、保育園や…

この記事は有料記事です。

残り1367文字(全文1633文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. ORICON NEWS 相葉雅紀、ツーリング企画が海外進出 バイク大国ベトナム・ホーチミンへ 『嵐にしやがれ』5日間連続発表第3弾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです